当科の紹介

新生児グループ

所属メンバー

・長 和俊  (診療教授、1985年卒)
・古瀬 優太 (助教、2003年卒)
・恩田 哲雄 (医員、2009年卒)
・安藤 明子 (医員、2009年卒)
・中村 雄一 (医員、2009年卒)
・本庄 遼太 (医員、2010年卒)

診療実績

外来患者数   1489人/年(のべ)
入院患者数   115人/年(のべ)

診療内容

(1)ハイリスク新生児の診療とフォローアップ
(2)社会的ハイリスク妊婦・新生児の支援と虐待防止

研究

(1)遺伝性間質性肺疾患の診断法開発と治療法選択に関する研究
(2)環境化学物質曝露が胎児の器官形成および発育に与える影響の解析
(3)早産児の発達を促進する睡眠プログラム開発に関する研究

業績

論文・著書など (原著、症例報告、総説)
1)長 和俊:新生児の疾患. 小児疾患(看護学テキストNiCE)真部 淳, 松藤 凡, 小林 京子 編, pp123-144, 南江堂, 2019年4月
2)Kawanishi Y, Yoshioka E, Saijo Y, Itoh T, Miyamoto T, Sengoku K, Ito Y, Ito S, Miyashita C, Araki A, Endo T, Cho K, Minakami H, Kishi R; Japan Environment and Children’s Study Group. The relationship between prenatal psychological stress and placental abruption in Japan, The Japan Environment and Children's Study (JECS). PLoS One 14(7):e0219379, 2019
3)Kobayashi S, Kishi R, Saijo Y, Ito Y, Oba K, Araki A, Miyashita C, Itoh S, Minatoya M, Yamazaki K, Ait Bamai Y, Sato T, Yamazaki S, Nakayama SF, Isobe T, Nitta H; Japan Environment and Children's Study Group. Association of blood mercury levels during pregnancy with infant birth size by blood selenium levels in the Japan Environment and Children's Study: A prospective birth cohort. Environ Int 125:418-429, 2019
4)Nishimura Y, Moriya K, Kobayashi S, Araki A, Sata F, Mitsui T, Itoh S, Miyashita C, Cho K, Kon M, Nakamura M, Kitta T, Murai S, Kishi R, Shinohara N. Association between ESR1 polymorphisms and second to fourth digit ratio in school-aged children in the Hokkaido Study. Steroids 141:55-62, 2019
5) Ito K, Hanaoka T, Tamura N, Sasaki S, Miyashita C, Araki A, Ito S, Minakami H, Cho K, Endo T, Baba T, Miyamoto T, Sengoku K, Tamakoshi A, Kishi R. Association Between Maternal Serum Folate Concentrations in the First Trimester and the Risk of Birth Defects: The Hokkaido Study of Environment and Children's Health. J Epidemiol 29(4):164-171, 2019
6) 恩田哲雄、長 和俊:当院における遺伝性肺疾患の診断支援. 分子呼吸器病学 23(1), 85-88, 2019
7) 長 和俊:肺サーファクタント. 周産期医学 49(4), 529-532, 2019(2019.04)
8) 長 和俊:分娩外傷の診かたと対応.小児内科 51(5), 672-675(2019.05)
9) 長 和俊:ステイブルマイクロバブルテスト. with NEO (2019秋期増刊)96-98, (2019.09)
10) 長 和俊:災害時小児・周産期の活動の実際と問題点 平成30年

学会発表
1) Cho K: Update on diagnosis and Management of ILD - Advances in Genetics -. International Congress on Pediatric Pulmonology (CIPP) XVIII(Symposium)(Chiba), 2019/6/27-30
2) Onda T: The usefulness of FOXF1 analysis for infantile pulmonary hypertension of unknown origin. Hot topics in Neonatology 2019(National harbor, MD) 2019/12/9-11
3) 長 和俊:北海道胆振東部地震の報告. 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会2019年7月13-15日(松本)
4) 長 和俊:人口密度が低い地域の実状(シンポジウム). 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会. 2019年7月13-15日(松本)
5) 長 和俊:OAS1異常による先天性肺胞蛋白症(シンポジウム). 第59回日本呼吸器学会学術講演会. 2019年4月12-14日(東京)
6) 池田雅彦:FOXF1 上流の欠失によりACDMPVを発症した一家系. 第32回日本新生児慢性肺疾患研究会. 2019年10月26日(東京)
7) 恩田哲雄:原因不明の小児肺高血圧症における FOXF1 遺伝子診断の有用性の検討. 第52回日本小児呼吸器学会. 2019年11月15日(鹿児島)
8) 池田雅彦:FOXF1 上流の欠失によりACDMPVを発症した一家系. FOXF1 上流の欠失によりACDMPVを発症した一家系. 2019年11月27日(鹿児島)
9) 長 和俊:小児における肺サーファクタント関連疾患について. 2019年11月27日(鹿児島)

研究費取得状況
1) 長 和俊:センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム COI拠点「『食と健康の達人』拠点」研究開発委託費 200万円
2) 長 和俊:センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム COI拠点「『食と健康の達人』拠点」研究開発委託費(若手連携研究ファンド)200万円

学会活動
1)長 和俊:日本小児科学会代議員
2)長 和俊:日本新生児成育医学会理事
3)長 和俊:日本周産期・新生児医学会理事
4)長 和俊:日本産婦人科・新生児血液学会理事
5)長 和俊:日本肺サーファクタント・界面医学会理事
6)長 和俊:日本臨床モニター学会評議員