当科の紹介

腎臓グループ

所属メンバー

小児科
・岡本 孝之 (診療講師、2003年卒)
・佐藤 泰征 (特任助教、2004年卒)
・上田 泰弘 (大学院生、2009年卒)
・鈴木 諒太 (大学院生、2014年卒)

客員研究員・客員臨床医師
・林 麻子 (北海道医療大学、2006年卒)

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
・高橋 俊行 (2007年卒)

診療実績

外来患者数 900人/年(のべ)
入院患者数 40人/年(のべ)

診療内容

以下に挙げるような、乳幼児、学童から思春期までの小児腎臓病全般について診療にあたっています。

・学校検尿などで発見された血尿、たんぱく尿
・ネフローゼ症候群
・IgA腎症、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、紫斑病性腎炎
・先天性腎尿路奇形(低形成・異形成腎、水腎症)
・遺伝性腎疾患、アルポート症候群
・ループス腎炎
・腎不全(腹膜透析、血液透析、保存期腎不全管理)

専門外来は、木曜午前、金曜午前の週2回行い、数多くの患者を診療しています。小児腎臓に関する専門的な医療を提供させていただくこと、わかりやすくご説明すること、を心がけています。開業されている先生方、基幹病院の先生方からのご紹介も積極的に対応させていただきますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

【関連病院腎臓外来】
札幌厚生病院
王子総合病院
日鋼記念病院
帯広厚生病院
帯広協会病院
釧路赤十字病院

研究

現在、私たちが力を入れて取り組んでいる主なテーマは、以下の通りです。

<臨床>
・全国多施設研究による小児難治性腎疾患(ネフローゼ症候群、IgA腎症)の臨床研究
・難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブの投与方法に関する臨床研究

<基礎>
・ネフローゼ症候群•糸球体硬化の進展機序解明と治療法開発に関する基礎的研究
・活性化壁側上皮細胞に着目した病理組織学的評価の臨床応用に向けた基礎的研究
・長期ステロイド投与を行う小児腎疾患における耐糖能障害についての研究

業績

(1) 論文・著書
2020年度:
1. Jia X, Yamamura T, Gbadegesin R, McNulty MT, Song K, Nagano C, Hitomi Y, Lee D, Aiba Y, Khor SS, Ueno K, Kawai Y, Nagasaki M, Noiri E, Horinouchi T, Kaito H, Hamada R, Okamoto T, Kamei K, Kaku Y, Fujimaru R, Tanaka R, Shima Y, The Research Consortium on Genetics of Childhood Idiopathic Nephrotic Syndrome in Japan, Baek J, Kang HG, Ha IS, Han KH, Yang EM, Korean Consortium of Hereditary Renal Diseases in Children, Abeyagunawardena A, Lane B, Chryst-Stangl M, Esezobor C, Solarin A, Midwest Pediatric Nephrology Consortium (Genetics of nephrotic syndrome study group), Dossier C, Deschenes G, NEPHROVIR, Vivarelli M, Debiec H, Ishikura K, Matsuo M, Nozu K, Ronco P, Cheong HI, Sampson MG, Tokunaga K, Iijima K. Common risk variants in NPHS1 and TNFSF15 are associated with childhood steroid-sensitive nephrotic syndrome. Kidney Int. 98(5):1308-1322, 2020
2. Okamoto T, Nakamura A, Hayashi A, Yamaguchi T, Ogawa Y, Natsuga K, Yanagi K, Hotta K. Successful kidney transplantation for a patient with neonatal-onset ILNEB. Pediatric Transplant. 2021 [Epub ahead of print]
3. Shimamura Y, Okamoto T, Abe K, Takuto M, Ogawa Y, Takizawa H. WAGR syndrome. Kidney Int. 99(1):271, 2021
4. Okamoto T, Sakakibara N, Nozu K, Takahashi T, Hayashi A, Sato Y, Nagano C, Matsuo M, Iijima K, Manabe A. Onset mechanism of a female patient with Dent disease 2. Clin Exp Nephrol. 24(10):946-954,2020
5. Hayashi A, Takahashi T, Ueda Y, Sato Y, Okamoto T. Long-term clinical characteristics and renal prognosis of children with tubulointerstitial nephritis and uveitis syndrome. Pediatric Nephrol. 2021[Epub ahead of print]
6. 岡本孝之、長田道夫:特集 腎臓の構成細胞から再考する:基礎と臨床「ボウマン嚢上皮細胞」、腎と透析、2020

2019年度:
1. Takahashi T, Okamoto T, Sato Y, Hayashi A, Ueda Y, Ariga T. Glucose metabolism disorders in children with refractory nephrotic syndrome. Pediatr Nephrol. 35(4):649-657, 2020
2. Sato Y, Sasaki S, Okamoto T, Takahashi T, Hayashi A, Ogawa Y, Ariga T. Mesangial C4d deposition at diagnosis in childhood IgA nephropathy. Pediatr Int. 61(11):1133-1139, 2019
3. Hamada S, Kato C, Takahashi T, Hayashi A, Ueda Y, Sato Y, Tonoki H, Okamoto T. A girl presenting with gradually elevated levels of serum creatinine: Answers. Pediatr Nephrol. 2020 [Epub ahead of print]
4. Hamada S, Kato C, Takahashi T, Hayashi A, Ueda Y, Sato Y, Tonoki H, Okamoto T. A girl presenting with gradually elevated levels of serum creatinine: Questions. Pediatr Nephrol. 2020 [Epub ahead of print]
5. Kobayashi I, Takezaki S, Tozawa Y, Ueki M, Hayashi A, Yamazaki T, Sato Y, Okamoto T, Yamada M, Ariga T. Coexistence of post streptococcal acute glomerulonephritis and acute rheumatic fever in a Japanese girl with primary Sjogren’s syndrome. Modern Rheumatology Case Reports. 2020 [Epub ahead of print]
6. Miura K, Sato Y, Yabuuchi T, Kaneko N, Ishizuka K, Chikamoto H, Akioka Y, Nawashiro Y, Hisano M, Imamura H, Miyai T, Sakamoto S, Kasahara M, Fuchinoue S, Okumi M, Ishida H, Tanabe K, Hattori M. Individualized concept for the treatment of autosomal recessive polycystic kidney disease with end-stage renal disease. Pediatr Transplant. 2020 [Epub ahead of print]
7. 濱田詩織、岡本孝之、小川弥生、戸板成昭、植竹公明: 尿検査異常を契機にB型肝炎ウイルス持続感染およびB型肝炎ウイルス関連腎症と診断した一例. 臨床小児医学: 2020

2018年度:
1. Okamoto T, Nozu K, Iijima K, Ariga T. Germline mosaicism is a pitfall in the diagnosis of “sporadic” X-linked Alport syndrome. J Nephrol. 32(1):155-159, 2019
2. Takahashi T, Okamoto T, Sato Y, Yamazaki T, Hayashi A, Aoyagi H, Ueno M, Kobayashi N, Uetake K, Nakanishi M, Ariga T. Periodically repeated rituximab administrations in children with refractory nephrotic syndrome; two-year multicenter observational study. Pediatr Nephrol. 34(1):87-96, 2019
3. Nakanishi K, Okamoto T, Nozu K, Hara S, Nagano C, Sakakibara N, Horinouchi T, Fujimura J, Minamikawa S, Yamamura T, Rossanti R, Kaito H, Ariga T, Iijima K. Pair analysis and custom array CGH can detect a small copy number variation in COQ6 gene. Clin Exp Nephrol. 23(5):669-675, 2018
4. Nozu K, Nakanishi K, Abe Y, Udagawa T, Okada S, Okamoto T, Kaito H, Kanemoto K, Kobayashi A, Tanaka E, Hama T, Fujimaru R, Miwa S, Yamamura T, Yamamura N, Horinouchi T, Minamikawa S, Nagata M, Iijima K, Working Group for Alport syndrome in Japanese Society of Pediatric Nephrology. A review for clinical characteristics and genetic backgrounds in Alport syndrome. Clin Exp Nephrol. 23(2):158-168, 2019
5. Hayashi A, Okamoto T, Yamazaki T, Sato Y, Takahashi T, Ariga T. CD44-positive glomerular parietal epithelial cells in a mouse model of CNI-induced nephrotoxicity. Nephron. 142(1):71-81, 2019
6. Ueda Y, Aoyagi H, Okamoto T. Left-sided inferior vena cava with nutcracker syndrome. Clin Exp Nephrol. 2018 [Epub ahead of print]
7. Jia X, Horinouchi T, Hitomi Y, Shono A, Khor S, Omae Y, Kojima K, Kawai Y, Nagasaki M, Kaku Y, Okamoto T, Ohwada Y, Ohta K, Okuda Y, Fujimaru R, Hatae K, Kumagai N, Sawanobori E, Nakazato H, Ohtsuka Y, Nakanishi K, Shima Y, Tanaka R, Ashida A, Kamei K, Ishikura K, Nozu K, Tokunaga K, Iijima K. Strong association of HLA-DR/DQ locus with childhood steroid-sensitive nephrotic syndrome in the Japanese population. J Am Soc Nephrol. 29(8):2189-2199, 2018
8. Unzaki A, Morisada N, Nozu K, Ye MJ, Ito S, Matsunaga T, Ishikura K, Ina S, Nagatani K, Okamoto T, Inaba Y, Ito N, Igarashi T, Kanda S, Ito K, Omune K, Iwaki T, Ueno K, Yahata M, Ohtsuka Y, Nishi E, Takahashi N, Ishikawa T, Goto S, Okamoto N, Iijima K. Clinically diverse phenotypes and genotypes of patients with branchio-oto-renal syndrome. J Hum Genet. 63(5):647-656, 2018
9. 山崎健史、岡本孝之、佐藤泰征、林麻子、高橋俊行、堀田記世彦、岩見大基、森田研、篠原信雄、有賀正: 過去15年間に施行した小児先行的腎移植の検討. 日本小児腎不全学会雑誌38: 123-125, 2018
10. 林麻子、岡本孝之、岩見大基、堀田記世彦、高橋俊行、山崎健史、佐藤泰征。森田研、篠原信雄、有賀正: 腎移植後腎不全に対して在宅腹膜透析を導入したprune belly症候群の1例. 日本小児腎不全学会雑誌38: 201-203, 2018
11. 久富隆太郎、三浦健一郎、滝澤慶一、佐藤泰征、金子直人、薮内智朗、石塚喜世伸、戸津五月、中西秀彦、内山温、鶴田敏久、清水幹夫、金子岩和、花房規男、土谷健、世川修、岩崎由佳、藤野修平、加藤元博、服部元史: 胎児水腫、腫瘍崩壊症候群を呈し急性血液浄化療法を施行した先天性白血病の1例. 日本小児腎不全学会雑誌38: 186-189, 2018
12. 高橋俊行、岡本孝之、岩見大基、堀田記世彦、林麻子、山崎健史、佐藤泰征、森田研:腎移植後腎不全に対して在宅腹膜透析を導入したprune belly症候群の一例. 日本小児PD・HD研究会雑誌30: 77-78, 2018

2017年度:
1. Okamoto T, Sato Y, Yamazaki T, Hayashi A, Takahashi T. Growth hormone therapy for a patient with idiopathic Fanconi syndrome and growth hormone deficiency. CEN Case Rep. 6(1):85-87, 2017.
2. Takahashi T, Sato Y, Yamazaki T, Hayashi A, Okamoto T. Nephronopthisis with brown tumor: old and new problems. Pediatr Int. 59(9):1024-1025, 2017
3. 岡本孝之、山崎健史、林麻子、高橋俊行、有賀正: 複雑な家庭背景をもつ小児腎不全患者への腎代替療法導入における小児科医の役割. 日本小児腎不全学会雑誌37: 143-145, 2017
4. 山崎健史、岡本孝之、岩見大基、林麻子、高橋俊行: 腹膜透析カテーテル出口部・トンネル部感染、外側カフ感染に対し、内側カフ直上への出口部変更術を施行した一女児例. 日本小児腎不全学会雑誌37: 253-255, 2017
5. 堀田記世彦、岩見大基、岡本孝之、森田研、篠原信雄: あなたは低体重児のタイムリーな移植コーディネートができていますか?~症例検討から最善の治療選択を学ぶ~低体重児腎移植の問題点―移植医の立場から. 日本小児腎不全学会雑誌37: 73-77, 2017
6. 笹田洋平, 三浦健一郎, 滝澤慶一, 富井祐治, 薮内智朗, 金子直人, 佐藤泰征, 石塚喜世伸, 近本裕子, 秋岡祐子, 多田憲正, 服部元史: 腎移植後サイトメガロウイルス感染にヒトヘルペス6感染症の関与が疑われた1女児例, 日小児腎不全会誌 37, 267-270, 2017
7. 薮内智朗, 三浦健一郎, 秋岡祐子, 富井祐治, 滝澤慶一, 宮部瑠美, 笹田洋平, 金子直人, 佐藤泰征, 橋本多恵子, 石塚喜世伸, 近本裕子, 服部元史: 糸球体に脂質沈着を認め末期腎不全に至った小児例, 日小児腎不全会誌 37, 226-229, 2017
8. 滝澤慶一, 三浦健一郎, 富井祐治, 金子直人, 薮内智朗, 笹田洋平, 佐藤泰征, 石塚喜世伸, 近本裕子, 秋岡祐子, 家後理枝, 服部元史: 移植後顕在化した神経因性膀胱により尿路感染症のコントロールに難渋した1例, 日小児腎不全会誌 37, 132-135, 2017
9. 滝澤慶一, 三浦健一郎, 富井祐治, 金子直人, 薮内智朗, 笹田洋平, 佐藤泰征, 石塚喜世伸, 近本裕子, 秋岡祐子, 奥見雅由, 小池淳樹, 長嶋洋治, 黒田直人, 服部元史: 小児移植腎に偶発的に発見されたpapillary adenoma with foamy cell changeの1例, 日臨床腎移植会誌 5, 43-46, 2017
10. 佐藤泰征, 三浦健一郎, 滝澤慶一, 富井祐治, 笹田洋平, 薮内智朗, 金子直人, 石塚喜世伸, 近本裕子, 秋岡祐子, 苗代有鈴, 末廣真美子, 久野正貴, 三宮彰仁, 小山一郎, 中島一朗, 渕之上昌平, 服部元史: 副甲状腺摘出後遷延する低Ca血症が献腎移植後早期に軽快した1小児例, 日小児体液研究会誌 9, 53-57, 2017

(2) 学会発表
2020年度:
1. 岡本孝之:ミトコンドリア腎症(症例提示)、シンポジウム「ミトコンドリア腎症のすべてが分かるシンポジウム」、第63回日本腎臓学会、横浜、2020
2. 岡本孝之:腎移植を施行したILNEB症候群の一例、第50回日本腎臓学会東部学術集会、筑波、2020
3. 高橋俊行:小児難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ定期反復投与後の長期経過、第50回日本腎臓学会東部学術集会、筑波、2020
4. 高橋俊行:小児難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ定期反復投与後の長期経過、第55回日本小児腎臓病学会学術集会、金沢、2020
5. 林麻子:当科における尿細管間質性腎炎ぶどう膜炎症候群症例の臨床的特徴、第123回日本小児科学会学術集会、神戸、2020
6. 林麻子:2年間の多剤併用療法によって臨床的・組織学的改善を確認したのち、ステロイド中止2か月後に急性増悪を来したIgA腎症の一例、第55回日本小児腎臓病学会学術集会、金沢、2020
7. 佐藤泰征:小児科診療参加型臨床実習における大学病院と市中病院での景観と学生満足度の検討、第52回日本医学教育学会大会、鹿児島、2020

2019年度:
1. Okamoto T, Nakamura A, Hayashi A, Yamaguchi T, Takahashi T, Sato Y, Ueda Y, Ogawa Y. ITGA3 mutation in patient with interstitial lung disease, congenital nephrotic syndrome and junctional epidermolysis bullosa. The 18th international pediatric nephrology association (IPNA) congress, Venice (Italy), Oct 17-21, 2019
2. Hayashi A, Okamoto T, Yamazaki T, Sato Y, Takahashi T, Ueda Y. CD44-positive glomerular parietal epithelial cells in a mouse model of CNI-induced nephrotoxicity. The 18th international pediatric nephrology association (IPNA) congress, Venice (Italy), Oct 17-21, 2019
3. 岡本孝之、中村明枝、林麻子、山口健史、高橋俊行、上田泰弘、佐藤泰征、柳久美子、要匡、有賀正: ITGA3遺伝子の複合ヘテロ接合体変異を同定したILNEB症候群の一例. 第54回日本小児腎臓病学会学術集会、大阪、2019
4. 佐藤泰征、岡本孝之、堀田紀世彦、岩見大基、上田泰弘、高橋俊行、林麻子、篠原信雄: Yersinia enterocolitica腸炎の診断に苦慮した腎移植後の1例. 第54回日本小児腎臓病学会学術集会、大阪、2019
5. 高橋俊行、岡本孝之、佐藤泰征、林麻子: 難治性ネフローゼ症候群における耐糖能障害. 第54回日本小児腎臓病学会学術集会、大阪、2019
6. 上田泰弘、岡本孝之、佐藤泰征、林麻子、高橋俊行: 先天性水腎症の増悪を契機として診断された、腰仙部の皮膚異常を伴わない脊髄脂肪種の1例. 第54回日本小児腎臓病学会学術集会、大阪、2019
7. 佐藤泰征、岡本孝之、堀田紀世彦、岩見大基、上田泰弘、高橋俊行、林麻子、篠原信雄、真部淳: Yersinia enterocolitica腸炎の診断に苦慮した腎移植後の1例. 第41回日本小児腎不全学会学術集会、高知、2019
8. 林麻子、佐藤泰征、高橋俊行、上田泰弘、岡本孝之: 当科における尿細管間質性腎炎ぶどう膜炎症候群症例の臨床的特徴. 第29回北海道小児腎臓病研究会、札幌、2019

2018年度:
1. Takahashi T, Okamoto T, Sato Y, Yamazaki T, Hayashi A, Ariga T. Periodical repeated rituximab administrations in children with refractory nephrotic syndrome; two years prospective observational study. “the 55th ERA-EDTA Congress”, Copenhagen (Denmark), May 24-27, 2018
2. 高橋俊行、岡本孝之、佐藤泰征、山崎健史、林麻子、有賀正: 小児難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ定期反復投与の前向き観察研究. 第61回日本腎臓学会学術集会、新潟、2018
3. 佐藤泰征、岡本孝之、高橋俊行、林麻子、有賀正: 腎血管性高血圧に対しカテーテル・外科的治療を施行した3小児例. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会、福島、2018
4. 高橋俊行、岡本孝之、佐藤泰征、山崎健史、林麻子、有賀正: 小児難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ定期反復投与の前向き観察研究. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会、福島、2018
5. 上田泰弘、岡本孝之、山田聡、寺田健作、渡邊さやか、松岡恵、青柳勇人: 血尿を契機として診断された、左下大静脈によるナットクラッカー症候群の一例. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会、福島、2018
6. 濱田詩織、岡本孝之、野津寛大、中西啓太、飯島一誠、佐藤泰征、林麻子、高橋俊行、八鍬聡、植竹公明、深澤雄一郎、久野敏、有賀正: COQ6遺伝子の複合ヘテロ接合体変異を同定した乳児ネフローゼ症候群の一例. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会、福島、2018
7. 堀之内智子、Xiaouyuan Jia、人見祐基、石倉健司、亀井宏一、濱田陸、郭義胤、藤丸季可、岡本孝之、大和田葉子、田中亮二郎、後藤芳充、貝藤裕史、野津寛大、徳永勝士、飯島一誠: ゲノムワイド関連解析による小児特発性ネフローゼ症候群のrisk haplotype同定. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会、福島、2018
8. 佐藤泰征、岡本孝之、高橋俊行、林麻子、堀田記世彦、岩見大基、篠原信雄: 当院小児腹膜透析症例におけるカテーテル関連感染症の検討. 第40回日本小児腎不全学会、宮崎、2018
9. 高橋俊行、林麻子、佐藤泰征、岡本孝之: 小児難治性ネフローゼ症候群における耐糖能異常. 北海道臨床腎臓研究会、札幌、2018
10. 高橋俊行、林麻子、佐藤泰征、岡本孝之: 難治性ネフローゼ症候群における耐糖能異常. 北海道小児腎臓病研究会、札幌、2018

2017年度:
1. Hayashi A, Okamoto T, Sato Y, Yamazaki T, Takahashi T, Ariga T. Clinicopathological characteristics, treatment, and outcome of tubulointerstitial nephritis and uveitis syndrome in children. “Kidney Week 2017”, New Orleans (USA), Oct31-Nov5, 2017
2. 山崎健史、岡本孝之、高橋俊行、林麻子、岩見大基、森田研、有賀正: 当院で過去15年間に施行した小児先行的腎移植の検討. 第120回日本小児科学会学術集会、東京、2017
3. 佐藤泰征、三浦健一郎、富井祐治、滝澤慶一、笹田洋平、薮内智朗、金子直人、石塚喜世伸、近本裕子、秋岡祐子、服部元史: 脾臓摘出後に腎移植を施行した常染色体劣性多発性嚢胞腎3例の長期経過. 第120回日本小児科学会学術集会、東京、2017
4. 佐藤泰征、三浦健一郎、富井祐治、滝澤慶一、笹田洋平、薮内智朗、金子直人、宮部瑠美、石塚喜世伸、橋本多恵子、久野正貴、近本裕子、秋岡祐子、渕之上昌平、田邉一成、服部元史: 低出生体重児の生体腎移植後腎廃絶の危険因子の検討. 第60回日本腎臓学会学術集会、仙台、2017
5. 佐藤泰征、三浦健一郎、富井祐治、滝澤慶一、笹田洋平、薮内智朗、金子直人、宮部瑠美、石塚喜世伸、橋本多恵子、近本裕子、秋岡祐子、今村秀明、宮井貴之、服部元史: 脾臓摘出後に腎移植を施行した常染色体劣性多発性嚢胞腎3例の長期経過. 第52回日本小児腎臓病学会学術集会、東京、2017
6. 高橋俊行、林麻子、山崎健史、岡本孝之:当院ループス腎炎18年間の治療成績. 第52回日本小児腎臓病学会学術集会、東京、2017
7. 佐藤泰征、三浦健一郎、富井祐治、滝澤慶一、笹田洋平、薮内智朗、金子直人、宮部瑠美、石塚喜世伸、橋本多恵子、久野正貴、近本裕子、秋岡祐子、渕之上昌平、田邉一成、服部元史: 低出生体重児の生体腎移植後腎廃絶の危険因子の検討. 第33回腎移植・血管外科研究会、小田原、2017
8. 佐藤泰征、三浦健一郎、富井祐治、滝澤慶一、笹田洋平、薮内智朗、金子直人、宮部瑠美、石塚喜世伸、橋本多恵子、近本裕子、秋岡祐子、今村秀明、宮井貴之、服部元史: 脾臓摘出後に腎移植を施行した常染色体劣性多発性嚢胞腎3例の長期経過. 第33回腎移植血管外科研究会、小田原、2017
9. 佐藤泰征、三浦健一郎、富井祐治、滝澤慶一、笹田洋平、薮内智朗、金子直人、宮部瑠美、石塚喜世伸、橋本多恵子、久野正貴、近本裕子、秋岡祐子、渕之上昌平、田邉一成、服部元史: 低出生体重児の生体腎移植後腎廃絶の危険因子の検討. 第53回日本移植学会総会、旭川、2017
10. 濱田詩織、岡本孝之、鎌田晃嘉、山口健史、佐藤逸美、平松泰好、大竹直人、中山加奈子、八鍬聡、那須敬、植竹公明: 皮下注用ヒト免疫グロブリン製剤の投与を行った乳児ネフローゼ症候群の一例. 北海道最新医療フォーラム、札幌、2017
11. 高橋俊行、岡本孝之、佐藤泰征、山崎健史、林麻子、有賀正:当院ループス腎炎18年間の治療成績. 第27回北海道小児腎臓病研究会、札幌、2017
12. 佐藤泰征、林麻子、高橋俊行、岡本孝之: 腎血管性高血圧の一例. 北海道小児腎臓病Web勉強会、札幌、2017
13. 山崎健史、岡本孝之、佐藤泰征、林麻子、高橋俊行、堀田記世彦、岩見大基、森田研: 過去15年間に施行した小児先行的腎移植の検討. 第39回日本小児腎不全学会学術集会、淡路島、2017
14. 林麻子、岡本孝之、岩見大基、堀田記世彦、高橋俊行、山崎健史、佐藤泰征、森田研: 腎移植後腎不全に対して在宅腹膜透析を導入したPrune-Belly症候群の一例. 第39回日本小児腎不全学会学術集会、淡路島、2017
15. 岩見大基、岡本孝之、堀田記世彦、佐々木元、広瀬貴行、樋口はるか、高田祐輔、佐藤泰征、林麻子、篠原信雄: リツキシマブを含む前処置ののち生体腎移植を行ったステロイド抵抗性巣状糸球体硬化症の一例. 第39回日本小児腎不全学会学術集会、淡路島、2017
16. 高橋俊行、岡本孝之、岩見大基、堀田記世彦、林麻子、山崎健史、佐藤泰征、森田研: 腎移植後腎不全に対して在宅腹膜透析を導入したPrune-Belly症候群の一例.第31回日本小児PD・HD研究会、札幌、2017
17. 高橋俊行、林麻子、山崎健史、佐藤泰征、岡本孝之:当院ループス腎炎18年間の治療成績. 第77回北海道臨床腎臓研究会、札幌、2017


(3) 講演
1. 岡本孝之「学校検尿および日常診療中の尿異常と腎疾患」、札幌市小児科医会研究会、札幌、2019.
2. 岡本孝之「小児腎臓医からみた電解質異常」、第11回北海道小児科男女共同参画会議(えぞももんが会)定期講演会、札幌、2019.
3. 岡本孝之:小児腎臓医がみる骨代謝疾患、第10回北海道小児オータムセミナー、札幌、2017
4. 岡本孝之:尿所見の診かた、千歳恵庭小児科学術講演会、千歳、2014
5. 岡本孝之:学校検尿への対応、北東部小児医療研究会、札幌、2014
6. 岡本孝之:糸球体壁側上皮細胞の役割、扶幼会総会、札幌、2013

(4) 研究費取得状況
岡本孝之(研究代表者):
・2021年度公益財団法人小児医学研究振興 社会医学的研究助成金
・2017年度タケダリサーチサポート
・2015~2017年度 科学研究費 若手B
・2017年度 秋山記念生命科学振興財団 研究助成金
・2013度森永奉仕会 研究奨励金
高橋俊行(研究代表者):
・2020~2023年度 科学研究費若手B

(5) 学会活動(委員会委員など)
岡本孝之:日本小児腎臓病学会(代議員、あり方委員)
     北海道小児腎臓病研究会(副会長、幹事)
     北海道腎移植談話会(幹事)
     北海道臨床腎臓研究会(幹事)
佐藤泰征:北海道小児腎臓病研究会(幹事)