当科の紹介

循環器グループ

グループ活動ダイジェスト

【心臓カテーテル検査】(写真①)ひとりひとりの力量にあわせて、段階的に無理なく患者さんを担当してもらう仕組み。一動作が患者さんの生命に直結するため、時に上級医から厳しい指導を受けることもありますが、いつの間にかいろいろなことができるようになっていきます。

【心エコー】(写真②)先天性心疾患を診断するためには不可欠な技術。当グループでは相当マニアック(…)かつシステマティックに学んでいけるので、飛躍的にウデが伸びます。

【カンファレンス】(写真③④)気になる患者さんの状態や検査結果、心カテプランなどについての話し合い。さまざまなバックグラウンドを元に、卒業年次に関係なく各メンバーが多様な意見を交わしあい、患者さんにとっての最善最良の方針を模索します。

【基礎研究】(写真⑤)北海道大学工学研究院で開発されたマイクロ流路を用いて安定的に、かつ大量にナノカプセルを作製。このナノカプセルを、ある種の心筋疾患モデル動物に投与します。北海道大学薬学研究院薬剤分子設計学教室との共同研究です。(写真⑥) SPF(specific pathogen free)動物飼育室に入室するための、無塵衣を無事に着こなした辻岡先生。うれしそう。

所属メンバー

◆武田 充人(講師)
日本循環器学会 専門医
同 小児・成人先天性心疾患部会 委員
日本小児科学会 専門医
同 社会保険委員会 委員
日本小児循環器学会 専門医・評議員
同 学術集会企画部会 委員
同 編集委員会 委員
同 研究委員会 委員
日本成人先天性心疾患学会 暫定専門医
同 評議員
同 問題検討委員会 委員
心筋生検研究会 幹事 
同 学術企画委員会 委員 
日本小児心筋疾患学会 幹事
北海道小児循環器研究会 幹事
北海道川崎病研究会 世話人

◆山澤 弘州(医員)
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医
日本小児循環器学会 専門医・評議員
同 利益相反委員
同 教育委員 
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
北海道小児循環器研究会 幹事

◆泉 岳(医員)
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医
日本小児循環器学会 専門医・評議員
日本不整脈心電学会 専門医・評議員
同 植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修修了
同 植込み型デバイス委員会 小児・先天性心疾患部会員
日本成人先天性心疾患学会 暫定専門医
日本小児心電学会 幹事

◆永井 礼子(医員)
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医
日本循環器学会 専門医
日本小児循環器学会 専門医・評議員
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
日本医師会認定産業医

◆佐々木 大輔(大学院生)
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医

◆辻岡 孝郎(大学院生) ※留学中:北海道大学大学院薬学研究院薬剤分子設計学教室
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医

◆白石 真大(大学院生) ※留学中:北海道大学大学院薬学研究院薬剤分子設計学教室
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医
日本小児循環器学会 専門医

◆佐藤 逸美(大学院生)
日本小児科学会 専門医

◆佐々木 理(客員研究員) ※出向中:天使病院
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医
日本胎児心臓病学会 胎児心エコー認証医・評議員
北海道胎児心エコー研究会 幹事

◆阿部 二郎(客員研究員) ※出向中:JCHO北海道病院
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医
日本小児循環器学会 専門医

◆谷口 宏太(大学院生) ※出向中:KKR札幌医療センター
日本小児科学会 専門医・学会認定指導医

診療実績

(2020年。COVID19流行の影響により、例年より減少傾向にあります)
入院患者数 296人(2019年341人、2018年335人)
心臓カテーテル検査 113件(2019年162件、2018年189件)
心臓カテーテル治療 19件(2019年29件、2018年19件)
◯バルーン拡大術9件(末梢性肺動脈狭窄症4件、肺動脈弁狭窄症2件、大動脈縮窄症3件)
◯コイル留置術10件(体肺静脈側副血行路7件、体静脈系-左房・肺静脈系側副血行1件、動脈管2件)
電気生理学検査(EPS)・アブレーション 6例(2019年28例、2018年 44例)
胎児心エコー 82例/109例(2019年 83例/111回、2018年 130例/193回)

診療内容

 北海道の小児循環器診療の中核として、前述の心臓カテーテル検査の他、循環器外科小児グループと協力して年間約120例の手術時における術前術後管理を行っています。成人先天性心疾患の再手術適応例などについても積極的に取り組み、患者さん達の生涯を通じてサポートする循環器診療を実践しています。また、道内の地域医療を支えることも重要な使命と考え、各メンバーが道内関連病院の心臓外来で定期的に勤務しています。

【北大病院心臓外来】
月(午前・午後 泉)、火(午後 新患外来担当者)、水(午前・午後 武田)、木(午前・午後 山澤)、木(午後 胎児心エコー外来 佐々木大輔)、木(午後 腫瘍循環器外来 辻岡)、金(午前・午後 永井)

【関連病院心臓外来】
北見赤十字病院(武田)、釧路赤十字病院(山澤)、市立千歳市民病院(山澤)、天使病院(佐々木理)、町立中標津病院(武田)、倶知安厚生病院(佐々木大輔)、王子総合病院(泉)、江別市立病院(泉)、KKR札幌医療センター(谷口)、市立札幌病院(泉)、JCHO(阿部)、日鋼記念病院(白石)、市立三笠病院(武田)、市立美唄病院(永井)

【学校心電図など】
札幌市(武田・山澤)、江別市(泉)、石狩市(佐々木大輔)、千歳市(山澤)、北海道医師会(武田)、恵庭市(武田)

研究

 基礎研究では(1)心筋疾患、(2)肺高血圧症の2つをテーマとして、それぞれの病態メカニズムの解明や新規治療法に関する研究を進めています。前述したように、北海道大学薬学研究院薬剤分子設計学教室との共同研究を進めており、現在辻岡先生が同教室に留学中です。また、阿部先生がCambridge大学への基礎研究での留学を予定しています。なお、大学院在学中に、希望によっては国内臨床留学の機会を得ることもできます(過去の留学実績:東京女子医科大学、福岡こども病院、長野県立こども病院、千葉県こども病院、国立循環器病センター)。
 また、心筋症、不整脈、胎児心エコー、肺高血圧症についての臨床研究も進めているところであり、その他にも多くの大学や研究施設と共にミトコンドリア心筋症や成人先天性心疾患などに関する研究を、AMEDや医師主導治験などの形で実施しています。

業績

【原著論文】
(2020年度 オンライン掲載またはpublish)
1. Atsuhito Takeda, Kei Murayama, Yasushi Okazaki, Atsuko Imai-Okazaki, Akira Ohtake, Emi Takakuwa, Hirokuni Yamazawa, Gaku Izumi, Jiro Abe, Ayako Nagai, Kota Taniguchi, Daisuke Sasaki, Takao Tsujioka, John M Basgen. Advanced pathological study for definite diagnosis of mitochondrial cardiomyopathy. Journal of clinical pathology. 2020;jclinpath-2020-206801. doi: 10.1136/jclinpath-2020-206801.

2. Shiraishi M, Murakami T, Higashi K. The accuracy of central blood pressure obtained by oscillometric noninvasive method using Mobil-O-Graph in children and adolescents. Journal of Hypertension 2020;38:813-820

3. Kazuhiro Koyanagawa, Yuta Kobayashi, Tadao Aikawa, Atsuhito Takeda, Hideaki Shiraishi, Satonori Tsuneta, Noriko Oyama-Manabe, Hiroyuki Iwano, Toshiyuki Nagai, Toshihisa Anzai. Myocardial T1-mapping and Extracellular Volume Quantification in Patients and Putative Carriers of Muscular Dystrophy: Early Experience. Magn Reson Med Sci. 2020. doi: 10.2463/mrms.bc.2020-0069

4. Chida-Nagai A, Sagawa K, Tsujioka T, Fujimoto T, Taniguchi K, Sasaki O, Izumi G, Yamazawa H, Masaki N, Manabe A, Takeda A. Pulmonary vasodilators can lead to various complications in pulmonary "arterial" hypertension associated with congenital heart disease. Heart Vessels. 2020;35(9):1307-1315.

5. Eriko Kawamura, Minako Maruyama, Jiro Abe, Akira Sudo, Atsuhito Takeda, Shingo Takada, Takashi Yokota, Shintaro Kinugawa, Hideyoshi Harashima,and Yuma Yamada. Validation of gene therapy for mutant mitochondria by delivering mitochondrial RNA using a MITO-Porter, a liposome-based nano device. Mol. Ther. - Nucleic Acids. 2020 DOI:https://doi.org/10.1016/j.omtn.2020.04.004

6. Yuma Yamada, Yutaka Fukuda, Daisuke Sasaki, Minako Maruyama, Hideyoshi Harashima. Development of a nanoparticle that releases nucleic acids in response to a mitochondrial environment. Mitochondrion. 2020;52:67-74.doi: 10.1016/j.mito.2020.02.009.

【症例報告】
(2020年度 オンライン掲載またはpublish)
1. Shiraishi H, Chida-Nagai A, Taniguchi K, Abe J, Izumi G, Yamazawa H, Ueda Y, Sasaki O, Miyakoshi K, Takeda A.Diagnostic dilemma in a case of obstructive sleep apnoea syndrome with reversible pulmonary hypertension and right heart failure: A case report. Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 2020;138:110378. doi:10.1016/j.ijporl.2020.110378.

2. Sugiyama M, Terashita Y, Takeda A, Iguchi A, Manabe A. Immune thrombocytopenia in a case of trisomy 18. Pediatr Int. 2020;62(2):240-242. doi: 10.1111/ped.14116.

3. Izumi G, Yokoshiki H, Sasaki R, Chiba Y, Yamazawa H, Takeda A. Fast pathway ablation unmasks nodoventricular fibers in a 15-year-old patient with supraventricular tachycardia. Pacing Clin Electrophysiol. 2021;44(2):395-398. doi: 10.1111/pace.14088.

4.Ito K, Chida-Nagai A, Sasaki O, Kato N, Umazume T, Kawaguchi S, Cho K, Izumi G, Yamazawa H, Takeda A. Total Anomalous Pulmonary Venous Connection with Lethal Pulmonary Venous Obstruction Managed by Multidisciplinary Cooperation. Case Rep Pediatr. 2021;2021:6619458.

5. Takeru Goto, Atsuhito Takeda, Tsuyoshi Tachibana. Successful surgical management of cyanotic congenital heart disease complicated by pulmonary aspergillosis. Cardiology in the young 2021;8:1-3.

6. Izumi G, Yokoshiki H, Takeda A. Retrograde sharp potential resembling the his-bundle electrogram: is this a case of atrioventricular re-entrant tachycardia involving twin atrioventricular nodes with the anterior node exhibiting only retrograde conduction? Cardiol Young. 2020;30(12):1940-1942. doi: 10.1017/S1047951120002747.

7. Jiro Abe, Takeshi Yamaguchi, Maki Matsuzawa, Ichiro Kobayashi, Atsuhito Takeda. A case undergoing cocktail therapy for cardiac involvement in Barth syndrome. Pediatrics international 2020;62(12):1393 – 1395.

8. Yuji Maruo, Yuki Ueda, Kei Murayama, Atsuhito Takeda
A case report of Leigh syndrome diagnosed by endomyocardial biopsy. European heart journal. Case reports 2021;5(2): ytaa582.

9. Michihiko Ueno, Atsuhito Takeda, Hirokuni Yamazawa, Kohta Takei, Takuo Furukawa, Yasuto Suzuki, Ayako Chida-Nagai, Akinori Kimura. A case report: Twin sisters with restrictive cardiomyopathy associated with rare mutations in the cardiac troponin I gene. Journal of Cardiology Cases 2021;23(4):154-157.

10. Izumi G, Yokoshiki H, Tachibana T, Takeda A. A hybrid therapy for arrhythmogenic congestive cavity in a single ventricle. Eur J Cardiothorac Surg. 2020;18:ezaa354. doi: 10.1093/ejcts/ezaa354.

11. Jiro Abe, Atsuhito Takeda, Shinji Saitoh. A case of tricuspid atresia with Prader-Willi syndrome. Pediatrics international 2020;62(9):1105-1106.

12. Jiro Abe, Erina Fujimoto, Takuo Furukawa, Masahide Nakajima. Lower Gastrointestinal Endoscopic Test Could Help to Find Gastrointestinal Lesions Accompanied with Unusual Manifestations of IgA Vasculitis. Biomed J Sci & Tech Res 25(1)-2020. DOI:10.26717/BJSTR.2020.25.004159

【総説】
(2020年度 オンライン掲載またはpublish)
1. Yuma Yamada, Yuta Takano, Satrialdi, Jiro Abe, Mitsue Hibino and Hideyoshi Harashima. Therapeutic Strategies for Regulating Mitochondrial Oxidative Stress. Biomolecules 2020, 10(1), 83; doi:10.3390/biom10010083

2. Yuma Yamada, Satrialdi, Mitsue Hibino, Daisuke Sasaki, Jiro Abe, Hideyoshi Harashima. Power of mitochondrial drug delivery systems to produce innovative nanomedicines. Advanced Drug Delivery Reviews. 2020;154-155: 187-209

3. Yamada Y, Ito M, Arai M, Hibino M, Tsujioka T, Harashima H. Challenges in promoting mitochondrial transplantation therapy. Int. J. Mol. Sci. 2020; 21(17): E6365. doi: 10.3390/ijms21176365.

【著書】
(2020年度 publish)
1. 武田 充人 ミトコンドリア病の臨床病型 「ミトコンドリア心筋症/総論」遺伝子医学MOOK(35) メディカルドゥ 2020
2. 武田 充人「両大血管右室起始」小児疾患診療のための病態生理1 第6版 小児内科2020年52巻増刊号
3. 武田 充人「ミトコンドリア心筋症」循環器診療コンプリート「心筋症」秀潤社 2021.3
4. 白石 真大「心不全・ショック(左心低形成症候群)」周産期の薬. 周産期医学50巻 増刊号 2020
5. 山田 勇磨、阿部 二郎佐々木 大輔、原島 秀吉「ミトコンドリア強化幹細胞(MITO Cell)の製造および細胞移植療法への展開」、BIO Clinica 35: 62- 64 北隆館 (2020)

【その他】
(2020年度 オンライン掲載またはpublish)
1. Nurun Nahar Borna, Yoshihito Kishita, Jiro Abe, Takuro Furukawa, Minako Ogawa-Tominaga, Takuya Fushimi, Atsuko Imai-Okazaki, Atsuhito Takeda, Akira Ohtake, Kei Murayama, Yasushi Okazaki. NAD(P)HX dehydratase protein-truncating mutations are associated with neurodevelopmental disorder exacerbated by acute illness.
Brain : a journal of neurology 2020; 143(7): e54.

2. Murakami T, Shiraishi M.Hypertrophic cardiomyopathy as congenital heart disease. Journal of the American College of Cardiology 2021;77:1377-1378

3. 泉 岳 Editorial comment 「QT延長経過観察例の遺伝子検査適応判断」日本小児循環器学会雑誌 2020 Vol.36 No.4

4. Murakami T, Shiraishi M, Murakami T. Significance of NT-proBNP as prognostic marker in patients with hypertension. Journal of Hypertension 2020;38:975

5. Shiraishi M, Murakami T, Higashi K. Reply to “Accuracy of central blood pressure by Mobil-O-Graph in children and adolescents”. Journal of Hypertension 2020;38:1389-1390

6. Murakami T, Shiraishi M, Murakami T. The relationship between aortic diameter and pulse wave velocity. Journal of Hypertension 2020;38:1627

【国際学会発表】
(2020年1月~2021年3月)
1. Atsuhito Takeda European Sociaty of Cardiology 2020 Amsterdam (Web) 2020/8/29- 9/2 Advanced pathologic study for definite diagnosis of mitochondrial cardiomyopathy

【国内学会・研究会発表】
(2020年1月~2021年3月)
1. 泉 岳 2020.1.23-25 第31回 日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会
会長要望演題:先天性心疾患に合併した不整脈に対する非薬物治療
先天性心疾患合併頻脈性不整脈の希少な不整脈基質
2. 永井 礼子 2020.2.8 第26回 日本小児肺循環研究会 特別講演「小児期肺高血圧症研究の新展開 from bedside to bench to bedside」
3. 泉 岳 2020.2.28 2020静岡小児不整脈セミナー 1.心電図から始まる心臓電気生理学 (ア)心電図の基礎と刺激伝導系の心電図学
4. 佐々木大輔 2020.4.27 胎児紹介症例報告 第65回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
5. 佐々木大輔 2020.5.25 胎児紹介症例報告 第66回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
6. 佐々木大輔 2020.6.22 胎児紹介症例報告 第67回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
7. 佐々木大輔 2020.7.27 胎児紹介症例報告 第68回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
8. Atsuhito Takeda 2020/7/27-8/2 JCS 2020 (Web) Basic 4 Multifaceted Mitochondria "Challenging in diagnosis and treatment of mitochondrial cardiomyopathy”
9. 辻岡 孝郎 2020.8.21-23 第123回日本小児科学会学術集会 当院で管理中の先天性門脈体循環シャント6例の検討.
10. 佐々木大輔 2020.8.24 胎児紹介症例報告 第69回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
11. 辻岡 孝郎 2020.9.11-12 第3回日本腫瘍循環器学会学術集会 アントラサイクリン系抗がん剤を使用した化学療法により早期から心機能低下を呈した4小児例.
12. 佐々木大輔 2020.9.28 胎児紹介症例報告 第70回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
13. 山澤 弘州 2020.10.10 第29回日本小児心筋疾患学会「肥大型心筋症における遺伝学的検査結果をどう解釈するか?」
14. 佐々木大輔 2020.10.26 胎児紹介症例報告 第71回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
15. Atsuhito Takeda 2020/11/22~24 第56回日本小児循環器学会学術集会
JSPCCS-AHA Joint session (Web) 「Challenging in diagnosis and management of mitochondrial cardiomyopathy」
16. 山澤 弘州 2020.11.22~24 第56回日本小児循環器学会学術集会「小児肥大型心筋症の急激な壁厚増大は不整脈のリスク因子、新規リスクモデルの修飾因子となる可能性がある」
17. 泉 岳 2020.11.22-24 第56回日本小児循環器学会学術集会 先天性心疾患周術期接合部頻拍のリスク因子
18. 永井 礼子 2020.11.22-24 第56回日本小児循環器学会 シンポジウム「肺循環」「PAH with overt features of PVOD/PCH Involvement」
19. 佐々木 大輔 2020.11.22-24 ミトコンドリア病(Leigh脳症)モデルマウスの心機能の評価とモデルマウス由来心筋前駆細胞のミトコンドリア機能の検討 第56回日本小児循環器学会総会・学術集会web開催(一般口演)
20. 白石 真大 2020.11.24 シンポジウム「小児心不全薬物治療ガイドラインUpdate.」「先天性心疾患の慢性心不全治療 -心保護薬のエビデンス」 第56回日本小児循環器学会総会・学術集会 京都(web)
21. 辻岡 孝郎 2020.11.22-24 第56回日本小児循環器学会学術集会 当院の先天性門脈体循環シャント症例の臨床検討.
22. 佐々木大輔 2020.12.21 胎児紹介症例報告 第74回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
23. 佐々木大輔 2021.1.23 先天性心疾患における胎児心エコーの重要性 第39回周産期シンポジウム 共催セミナー
24. 佐々木大輔 2020.1.25 胎児紹介症例報告 第73回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
25. 泉 岳 2021.2.5-2.7 日本不整脈心電学会 第13回植込みデバイス関連冬季大会 小児・先天性心疾患デバイス部会セッション [小児期CIEDを考える] 小児期CIEDリードアクセス;経静脈リードvs.経胸壁リード
26. 佐々木大輔 2020.2.22胎児紹介症例報告 第74回北日本遠隔胎児心エコーセミナー 仙台 他
27. 武田 充人 2021.2.25筋ジストロフィーWebカンファレンス「筋ジストロフィーと心臓疾患 〜早期診断と発症予防への道〜」

【賞罰】
(2020年度)
1. 永井 礼子 令和2年度 公益財団法人宮田心臓病研究振興基金 未成年心臓血管病の学究等に対する奨励金
2. 白石 真大 第40回 北海道大学大学院医学研究院 高桑榮松奨学基金奨励賞

【研究費獲得状況】
(2020年度~)
1. 武田 充人 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) ミトコンドリア心筋症の新規診断法の確立
2. 武田 充人(分担) 厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業 多様なミトコンドリア病の遺伝子型/表現型/自然歴等をガイドラインに反映させていくエビデンス創出研究
3. 武田 充人(分担) 難治性疾患政策研究事業 先天性心疾患を主体とする小児期発症の心血管難治性疾患の生涯にわたるQOL改善のための診療体制の構築と医療水準の向上に向けた総合的研究
4. 武田 充人(分担) 日本医療研究開発機構(AMED) 川崎病冠動脈瘤を予防するための急性期難治例予測診断キットの開発研究
5. 永井 礼子 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究 肺動脈性肺高血圧症の新規治療法の開発
6. 永井 礼子 武田科学振興財団 医学系研究助成 小児期発症肺高血圧症における予後とリスク因子の解明
7. 永井 礼子 寿原記念財団 研究助成 drug delivery systemを基盤とした、肺動脈性肺高血圧症治療の新展開
8. 永井 礼子(分担) 日本医療研究開発機構(AMED) 先天性心疾患を伴う肺高血圧症例の多施設症例登録研究

学生さん&研修医の先生方へ

 小児循環器はなんだか大変そう~、略語が多いよ~、などなど、最初はちょっとハードルが高く感じるかもしれません。しかし、困っている子ども達の問題点を見出し、外来診療や心臓カテーテル治療、手術などによって、それらをダイナミックに解決していく過程では、なんとも言えない使命感と達成感を得ることができます。なによりも子ども達のためになるから、なおさらです。
 また、当グループでは主治医制ではなくグループ制で診療を行っており、さらにオンコール当番を置くことで、オンオフのメリハリが非常にしっかりしています。メンバーの出身大学や経歴、得意分野もさまざまでおもしろいです。そして、小児循環器分野で、臨床・研究・教育の質について、これだけうまくバランスがとれているグループは全国でも珍しいです(これまで、さまざまな研修施設をみてきた立場から断言します)。
 小児循環器に少しでも興味がある学生さん、研修医の先生方、ぜひ一度お声がけください。一見クールに見えるメンバーが多い?のですが、みんな熱く(熱苦しく)なんでも教えてくれますので。お待ちしています!

【連絡先】
北大小児科循環器グループ ped-cardiology@med.hokudai.ac.jp
小児科循環器グループ長 武田 充人 a-takeda@med.hokudai.ac.jp

(文責:永井 礼子)