当科の紹介

神経グループ

所属メンバー

白石 秀明 (講師・診療准教授・平成4年卒)
江川 潔 (助教・平成10年卒)
小杉山清隆 (医員・平成7年卒)
植田 佑樹 (医員・平成15年卒)
中島 翠 (博士研究員・平成16年卒)
鳴神 雅史 (大学院博士課程4年・平成18年卒)
生田目紀子 (医員・平成20年卒)
中久保佐千子 (大学院博士課程2年・平成21年卒)
木村 修平 (大学院博士課程1年・平成25年卒)
後藤 健 (大学院博士課程1年・平成25年卒)
永島 哲郎 (客員臨床医師・昭和50年卒)
香坂 忍 (客員臨床医師・昭和52年卒)
朝比奈直子 (客員臨床医師・平成9年卒)
山本 啓之 (客員研究員・名古屋大学・平成16年卒)
下條 暁司 (大学院博士課程4年)

他施設にて診療・研修
末田慶太朗 (平成11年卒) 札幌市子ども発達支援総合センター
柳生 一自 (平成12年卒) 児童思春期精神医学講座・特任助教
幅田 有美 (平成13年卒) 北海道立子ども医療・療育センター
伊藤 智城 (平成14年卒) 市立札幌病院
大塚 耕右 (大学院博士課程4年・平成15年卒) 倶知安厚生病院
河野 修 (平成20年卒) 国立精神神経医療研究センター

診療実績

入院患者 総数143名/年

てんかん合計78名:
てんかん内訳:分類なし2名、ABPE類縁疾患2名、前頭葉てんかん10名、頭頂葉てんかん1名、側頭葉てんかん5名、後頭葉てんかん1名、特発性全般てんかん2名、特発性焦点性てんかん1名、Jeavons症候群1名、症候性全般てんかん2名、症候性てんかん4名、症候性焦点性てんかん14名、てんかん性脳症2名、乳児てんかん性脳症1名、1p36欠損によるてんかん1名、点頭てんかん20名(うちAicardi症候群2名、SCN2A脳症1名、滑脳症5名、結節性硬化症3名、ヘルペス脳炎後3名)、良性睡眠時ミオクロニーてんかん疑い1名、良性乳児けいれん1名、限局性皮質形成異常術後2名、てんかん発作群発1名、けいれん重積(皮質形成異常)1名、小児交代性片麻痺3名、てんかん性Spasms疑い1名、てんかん疑い1名、心因性非てんかん性発作2名、神経調節性障害1名、身体表現性障害3名、脊髄性筋萎縮症17名(I型13名、II型4名)、オプソクローヌスミオクローヌス1名、突発性発疹による脳症と運動退行1名、ATP1A3異常症1名、シャント感染による髄膜炎1名、頭部打撲1名、窒息による蘇生後脳症2名、頭痛1名、精神運動発達遅滞2名、重症筋無力症3名、Chiari奇形1名、尖足歩行1名、先天性眼瞼下垂1名、ミオパチー疑い1名、右上肢筋力低下と右下肢痛1名、歩行障害1名、発作性脱力1名、Leigh脳症4名、グルタル酸血症1型3名、高アルギノコハク酸血症1名、オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症1名、Menkes病(気管肉芽)2名、メチルグルタコン酸尿症7型1名、ケトン性低血糖1名、尿路感染疑い(2q24-q31部分欠損)1名、気管支炎(全前脳胞症)1名、気管支喘息発作(VATER連合)1名、反復性嘔吐(脊髄性筋萎縮症)1名、栄養通過障害(ヘルペス脳炎後)1名、慢性呼吸不全1名、ポリポーシスの内視鏡的治療(症候性てんかん)1名、声門閉鎖術(SSPE後)1名

■入院検査うちわけ
終夜ビデオ脳波 109件
脳磁図 39件
検査室脳波 59件
ABR/AABR 17件

外来診療
新患全体124名(うちてんかんセンター30名含む)
再来合計4459名(86名/週)
再来うちわけ:
一般・処方外来522名
白石担当:2633名
江川担当:458名
植田担当:474名
朝比奈担当:263名
香坂担当:109名

脳波検査総数:468件(sleep 453 / awake 28)
伝道速度142件、脳磁図39件
SEP2件、ABR2件

治験
・ラコサミド(抗てんかん薬:UCB Pharma):3名
・ペランパネル(抗てんかん薬:エーザイ株式会社):3名
・5-ALA(Leigh脳症治療薬:医師主導治験):6名
・シロリムス(抗てんかん薬:医師主導治験):5名
・ATB200(遅発型ポンペ病:シミック株式会社):1名
・レベチラセタム(抗てんかん薬:ユーシービージャパン株式会社)

関連病院神経外来
(白石担当)
・手稲渓仁会病院:毎月2-3回木曜全日・午後:15~25人前後
・日鋼記念病院:毎月1回第4金曜全日:30~40人前後
・千歳市立市民病院:毎月1回第2金曜全日:30~40人前後
・岩内協会病院:3か月に1回第3金曜午後:1回10~20人
(香坂担当)
・千歳市民病院:毎月1回:10~15人前後
・製鉄記念室蘭病院:毎月1回:10~15人前後
(江川担当)
・釧路赤十字病院:毎月第2木、金曜日:40-50人前後
・小樽市立病院:3か月に1回金曜日午後:15人前後
・札幌市児童相談所:毎月第4月曜日午後:4人前後
・日鋼記念病院:毎月1回第2火曜全日:20人前後
(植田担当)
・北見赤十字病院:毎月1回第4木、金曜日:60人前後
・市立旭川病院:毎月1回第2木曜日:15人前後
(柳生担当)
・千歳市立市民病院:毎月第4金曜日全日:25人前後
・札幌市児童心療センター:毎週木曜日全日:10人前後
(中久保担当)
・天使病院:毎月第2、4木曜日全日:20人前後
・JCHO北海道病院:毎月第1、3木曜日全日:20人前後
(永島担当)
・手稲渓仁会病院:毎月第2金曜日午後、第4金曜日午後:10人前後
(斉藤担当)
・帯広協会病院:3か月に1回金曜日全日:10人前後+脳波判定
(朝比奈担当)
・天使病院:毎月第1,3木曜日全日:20人前後
・KKR札幌医療センター:毎月第2,4金曜日全日:20人前後
・札幌厚生病院:毎月第3金曜日午後:10人前後+脳波判定
(小杉山担当)
・手稲渓仁会病院:毎週水曜日半日:
(後藤担当)
・KKR札幌医療センター:毎月第1金曜日午後:6-8人前後

業績

競争的外部資金・研究費
1) 白石秀明:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業))稀少てんかんに関する包括的研究(研究代表者 井上有史)、令和2年度研究費:700千円
2) 白石秀明:国立研究開発法人日本医療研究開発機構・限局性皮質異形成II型のてんかん発作に対するシロリムスの有効性と安全性に関する無対照非盲検医師主導治験(代表研究者 加藤光広)令和2年度研究費:1,846,154円
3) 白石秀明:公益社団法人日本医師会治験促進センター・SPP-004ミトコンドリア病を対象とした多施設共同長期投与試験(代表研究者 大竹明)令和2年度研究費:1,000千円
4) 白石秀明:日本学術振興会 基盤研究(A)胎児期環境の神経発達障害と脳の性分化および肥満への影響解明:出生コホート研究(代表研究者 岸玲子)令和2年度研究費: 400千円
5) 白石秀明:北海道大学病院 スタートアップ支援プログラム (支援拡大分)ベザフィブラートによるミコンドリア脂肪酸代謝異常症(FAOD)の治療:令和2年度研究費:2,000千円
6) 江川潔:日本学術振興会 基盤研究(B)、GABA持続抑制不全の多様性がもたらすアンジェルマン症候群の病態解明と治療法開発 令和2年度研究費:4,810千円 (直接経費: 3,700千円、間接経費: 1,110千円)
7) 江川潔:てんかん治療研究振興財団 アンジェルマン症候群におけるてんかんの病態生理解明と治療法の開発 令和2年度研究費:750千円
8) 江川潔:日本学術振興会 基盤研究(B)、なぜ概日リズム中枢はGABA作動性神経細胞から構成されるのか?(分担) 令和2年度研究費:500千円
9) 中島翠:日本学術振興会 若手研究(B) Advanced dynamic statistical parametric mapping to identify minimum epileptogenic lesion for seizure freedom 4,160千円
10) 山本啓之:公益財団法人てんかん治療研究振興財団研究助成 発作時の脳磁場信号の脳機能画像解析法を用いたてんかん発作機序の解明と発作焦点同定法の確立 1,600千円
11) 山本啓之:日本学術振興会 若手研究 脳磁場計測による小児急性脳炎脳症後の脳神経ネットワークの解明 3,900千円

学位(医学博士)
大塚耕右 学位論文: Otsuka K, Egawa K, Fujima N, Kudo K, Terae S, Nakajima M, Ito T, Yagyu K, Shiraishi H*, Reinterpretation of magnetic resonance imaging findings with magnetoencephalography can improve the accuracy of detecting epileptogenic cortical lesions. Epilepsy Behav. 2021 Jan;114(Pt A):107516. doi: 10.1016/j.yebeh.2020.107516. Epub 2020 Dec 13.

受賞
河野 修:第13回日本小児神経学会北海道地方会奨励賞
Perampanel for nonepileptic myoclonus in Angelman syndrome. Brain Dev. 2020 May;42(5):389-392.
木村修平:第6回日本小児神経学会北海道地方会優秀論文賞
Efficacy of perampanel for epileptic seizures and daily behavior in a patient with Leigh syndrome: A case report. Brain Dev. 2021 Jan;43(1):157-159.

学会発表
1) 白石秀明:結節性硬化症に伴うてんかんに対するエベロリムスの有効性・安全性 第62回日本小児神経学会学術集会 2020年8月19日(東京都・シェラトン都ホテル東京・シンポジスト)
2) 白石秀明:地域医療における遠隔医療の現状 拡大するてんかんの遠隔医療 第50回日本臨床神経生理学会学術大会 2020年11月26日(京都市・Web開催・シンポジスト)
3) 江川潔:アンジェルマン症候群モデルマウスにおける脳皮質GABA持続抑制減弱と神経機能障害 第62回日本小児神経学会学術集会 2020年8月19日(東京都 Web開催)
4) 植田佑樹: (病院前治療) 小児てんかん重積治療に対する非静脈薬剤を考える 第62回日本小児神経学会学術集会 2020年8月19日(東京都・Web・シンポジスト)
5) 植田佑樹:難治性の乳児てんかん性脳症に対するACTH週1回長期治療の試み 2020年8月21日(神戸市・Web開催)
6) 中久保佐千子: スパズムと精神運動発達遅滞を呈したbeta-propeller protein-associated neurodegeneration(BPAN)の一例 第62回日本小児神経学会学術集会 2020年8月19日(東京都・Web・ポスター)
7) 柳生一自:脳磁図の最前線―コミュニケーション脳科学とDual MEG, 第50回臨床神経生理学会, 2020年11月27日 (京都市・Web開催・シンポジスト)
8) 伊藤智城:急性小脳失調症を疑う乳幼児例におけるTc-99m HMPAO SPECTの有用性、第62回日本小児神経学会学術集会 2020年8月20日(東京都・Web・口演)
9) 山本啓之:抗MOG抗体関連疾患の治療臨床経過の検討 第62回日本小児神経学会学術集会 2020年8月20日(東京都・Web・ポスター)
10) 山本啓之:MEGによるてんかん研究 up-to-date 第35回生体磁気学会大会(名古屋・誌上開催・シンポジスト)
11) 山本啓之:てんかん性脳症の脳磁図解析 第50回臨床神経生理学会, 2020年11月27日 (京都市・Web開催・シンポジスト)

講演
1) 白石秀明:てんかん発作予知への期待 第62回日本小児神経学会学術集会ランチョンセミナー 2020年8月19日(東京都・Web開催)
2) 白石秀明:全般てんかんの脳波(ベーシックレクチャー) 第50回日本臨床神経生理学会学術大会 2020年11月26日(京都市・Web開催)
3) 白石秀明:小児科医からてんかん外科へのメッセージ 第44回日本てんかん外科学会 2021年1月22日 (新潟市・Web開催)
4) 「小児てんかん診療の基本的なはなし」将来をみすえた治療導入 UCB e-Symposium 2020年4月2日 (web開催)
5) 小児てんかん 診断と治療の現在とこれから Pediatric Epilepsy Web Seminar 2021年1月28日 (Web開催)

論文
1) Kawano O, Egawa K, Shiraishi H*. Perampanel for nonepileptic myoclonus in Angelman syndrome. Brain Dev. 2020 May;42(5):389-392 10.1016/j.braindev.2020.02.007
2) Koyanagawa K, Kobayashi Y, Aikawa T, Takeda A, Shiraishi H, Tsuneta S, Oyama-Manabe N, Iwano H, Nagai T, Anzai T. Myocardial T1-mapping and Extracellular Volume Quantification in Patients and Putative Carriers of Muscular Dystrophy: Early Experience. Magn Reson Med Sci. 2020 Sep 7. doi: 10.2463/mrms.bc.2020-0069.
3) Shiraishi H*, Yamada K*, Egawa K, Ishige M, Ochi F, Watanabe A, Kawakami S, Kuzume K, Watanabe K, Sameshima K, Nakamagoe K, Tamaoka A, Asahina N, Yokoshiki S, Kobayashi K, Miyakoshi T, Oba K, Isoe T, Hayashi H, Yamaguchi S, Sato N. Efficacy of bezafibrate for preventing myopathic attacks in patients with very long-chain acyl-CoA dehydrogenase deficiency. Brain Dev 2020 Aug 11;S0387-7604(20)30202-3. doi: 10.1016/j.braindev.2020.07.019.
4) Naganuma R, Takeuchi M, Morishita K, Nakane S, Takase R, Takahashi I, Matsushima M, Otsuki M, Shiraishi H, Yabe I, Sasaki H. Clinical factors affecting evoked magnetic fields in patients with Parkinson's disease. Plos One 2020 Sep 17;15(9):e0232808. doi: 10.1371/journal.pone.0232808. eCollection 2020
5) Otsuka K, Egawa K, Fujima N, Kudo K, Terae S, Nakajima M, Ito T, Yagyu K, Shiraishi H*, Reinterpretation of magnetic resonance imaging findings with magnetoencephalography can improve the accuracy of detecting epileptogenic cortical lesions. Epilepsy Behav. 2021 Jan;114(Pt A):107516. doi: 10.1016/j.yebeh.2020.107516. Epub 2020 Dec 13.
6) Egawa K, Saitoh S, Asahina N, Shiraishi H*. Short-latency somatosensory-evoked potentials demonstrate cortical dysfunction in patients with Angelman syndrome. eNeurologicalsci. 2020 Dec 1;22:100298. doi: 10.1016/j.ensci.2020.100298. eCollection 2021 Mar.
7) Egawa K, Nakakubo S, Kimura S, Goto T, Manabe A, Shiraishi H*. Flurothyl-induced seizure paradigm revealed higher seizure susceptibility in middle-aged Angelman syndrome mouse model. Brain Dev. 2021 Jan 4;S0387-7604(20)30336-3. doi: 10.1016/j.braindev.2020.12.011.
8) Egawa K, Saitoh S, Asahina N, Shiraishi H*. Variance in the pathophysiological impact of the hemizygosity of gamma-aminobutyric acid type A receptor subunit genes between Prader-Willi syndrome and Angelman syndrome. Brain Dev. 2021 Jan 5:S0387-7604(20)30349-1. doi: 10.1016/j.braindev.2020.12.014.
9) Kimura S*, Shiraishi H*, Egawa K, Uchida M, Ueno M. Efficacy of perampanel for epileptic seizures and daily behavior in a patient with Leigh syndrome: a case report. Brain Dev. 2020 Jul 29:S0387-7604(20)30192-3. doi: 10.1016/j.braindev.2020.07.008.
10) Maruo Y , Egawa K, Tonoki H, Terae S, Ueda Y, Shiraishi H*. Selective eating in autism spectrum disorder leading to Kwashiorkor and brain edema. Pediatr Neuro. 2020 Dec 26;116:55-56. doi: 10.1016/j.pediatrneurol.2020.12.007.
11) Maruo Y, Uetake K, Egawa K, Shiraishi H*. Selective eating in autism spectrum disorder leading to hair color change. Pediatr Neuro. (in press)
12) Ueda Y, Suganuma T, Narumi-Kishimoto Y, Kaname T, Sato T. A case of severe autosomal dominant spinal muscular atrophy with lower extremity predominance caused by a de novo BICD2 mutation. Brain Dev 2020; 43: 135 – 139.
13) Maruo Y, Ueda Y, Murayama K, Takeda A. A case report of Leigh syndrome diagnosed by endomyocardial biopsy. Euro Heart J Case Rep. 2021;5:ytaa582. Doi: 10.1093/ehjcr/ytaa582. eCollection 2021 Feb.
14) Shiraishi H, Chida-Nagai A, Taniguchi K, Abe J, Izumi G, Yamazawa H, Ueda Y, Sasaki O, Miyakoshi K, Takeda A. Diagnostic dilemma in a case of obstructive sleep apnoea syndrome with reversible pulmonary hypertension and right heart failure: A case report. Int J Pediatr Otorhinolaryngol 2020;138 doi:10.1015/j.ijporl.2020.110378.
15) Hashimoto R, Sueda K, Yagyu K: Development of a Movement Questionnaire Adapted for Japanese Culture for Elementary School Children. Brain Dev DOI: 10.1016/j.braindev.2019.11.007, 42 (3), 237-247, 2020
16) Takano K, Watanabe H, Yagyu K, Shimojo A, Boasen J, Murakami Y, Shiraishi H, Yokosawa K*, Saito T: Semi-automated brain responses in communication: A magnetoencephalographic hyperscanning study. Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual International Conference 2020 2893 – 2896. doi: 10.1109/EMBC44109.2020.9176538
17) Suyama S, Yagyu K, Araki A, Miyashita C, Itoh S, Minatoya M, Yamazaki K, Tamura N, Nakai A, Saito T, Kishi R: Risk factors for motor coordination problems in preschool-age children. Pediatr Int. 2020 Oct;62(10):1177-1183. doi: 10.1111/ped.14275.
18) 江川 潔、白石秀明:アンジェルマン症候群モデルマウスにおける脳波・発作閾値の検討 てんかんをめぐって 37: 49-54, 2020
19) 白石秀明:てんかん診療連携の現状と課題:小児てんかん診療と精神医療の連携 精神科 36:486-489, 2020
20) 白石秀明,山本啓之: MEG によるてんかん研究 up-to-date -小児言語機能の探索- 日本生体磁気学会雑誌 33: 53-55, 2020
21) 白石秀明:学童期のてんかん、発作性疾患 小児科診療 84: 37-43, 2021
22) 岩田みちる, 橋本竜作, 柳生一自, 室橋春光:漢字に特異的な書字障害における正書法ワーキングメモリー障害の検討 構造と要素の分析から, LD研究 29, 145-153, 2020
23) 渡辺隼人, 下條暁司, 柳生一自, 高野一義, 横澤宏一, 村上優衣, 白石秀明, 齊藤卓弥:右前頭領域におけるコミュニケーション関連脳活動, 日本生体磁気学会誌33, 170-172, 2020
24) 柳生一自:【児童青年精神医学をどう学ぶのか?大学で、病院で、自分で】北海道大学における「さっぽろ子どものこころの研修プログラム」と今後の展望, 児童青年精神医学とその近接領域61, 112-120, 2020
25) 柳生一自:【発達障害支援の現状と今後の方向性をめぐって】さっぽろ子どものこころのコンシェルジュ事業 心と社会51, 25-30, 2020
26) Ito T, Kudo E, Yamazaki T, Hatakeyama K, Sano H: COVID-19 pneumonia in a child with Sotos syndrome. Pediatr Int. accepted on 9th December, 2020

著書
1) Shiraishi H,Adamolekun B. Genetic (Ethnic) differences. In The Importance of Photosensitivity for Epilepsy, Kasteleijn-Nolst Trenité DG (ed.) Springer, Heidelberg, Switzerland, pp255-257, 2021
2) 柳生一自、白石秀明:脳神経疾患のバイオマーカー:バイオマーカーとしての脳磁図(MEG)193-197頁、科学評論社、東京、2020
3) 白石秀明:小児内科・小児神経学-現在から未来へ:小児てんかん診療のコツと心得 364-370頁、東京医学社、東京、2020

社会貢献
白石秀明
学会委員:
日本小児神経学会(評議員、Brain and Development編集委員会委員)
日本てんかん学会(評議員・理事、認定委員会・小児部門委員長、利益相反委員会委員長)
日本臨床神経生理学会(代議員、臨床神経生理学編集委員会委員)
日本生体磁気学会(評議員・理事)
日本小児科学会北海道地方会(代議員・運営委員)
日本てんかん学会北海道地方会(副会長・幹事・学会誌常任編集委員)
日本小児神経学会北海道地方会(副会長・幹事)
日本臨床脳磁図コンソーシアム(幹事・事務局長)
Infantile Seizure Society(世話人)
北海道重症心身障害医療研究会(世話人)
北海道小児神経症例検討会(世話人)
北海道先天代謝異常症研究会(世話人)
その他:拓北養護学校校医

江川潔
日本小児神経学会(評議員)
日本てんかん学会北海道地方会(評議員)
日本小児神経学会北海道地方会(幹事)
北海道小児神経症例検討会(世話人)

植田佑樹
日本小児神経学会(小児けいれん重積治療ガイドライン改訂WG 委員)

柳生一自
日本臨床脳磁図コンソーシアム(運営委員)
北海道児童青年精神保健学会(理事・事務局長)
児童青年精神医学会(編集委員)
北海道発達支援推進協議会(委員)

山本啓之
愛知県てんかん治療医療連携協議会(委員 コーディネーター)
小児脳機能研究会(世話人)