学生・研修医の方へ

専攻医の声

遠藤 愛先生2016年(平成28年)卒業

現在専攻医4年目の遠藤と申します。学生時代から小児科を志しておりましたが、初期研修を通して小児科が多様な疾患を幅広く扱うこどもの総合内科であることに魅力を感じ、また上手に自分の症状や思いを伝えられないこども達の力になりたいと考え、小児科を選択しました。もともと北海道出身で地元の医療に貢献したいという思いがあり、また多様なサブスペシャリティ領域が揃っていることから北大小児科に入局させて頂きました。
これまで地方中核病院で研修して参りましたが、しっかりとした指導体制の下でcommon diseaseを幅広く経験できたと感じています。またまだ未熟者で日々努力の必要性を痛感しているところではありますが、元気になっていく子供達をみていると小児科医としてのやりがいも感じております。多くの方と北大小児科で一緒に働くことができれば嬉しいです。

大浦 果寿美先生2016年(平成28年)卒業

小児科専攻医4年目の大浦果寿美と申します。
もともと子供が好きで、小児科医を目指して医学部に入学しました。北大の小児科は全道各地に関連病院があり、地方の中核病院の小児医療を担っています。地方病院では大学などの専門医がいる施設にすぐ搬送できないこともあり、どんな疾患でもある程度の初期対応能力が求められます。また、大学には専門グループが揃っており、市中病院では経験できないような珍しい病気や専門性の高い治療について学ぶことができます。北大小児科では小児科医としてあらゆる疾患に対応する力を身につけることができ、同時に専門性を極めることもできると考え、北大小児科に入局しました。日々の診療の中で頭を悩ませる症例や一筋縄ではいかない症例なども経験します。しかし、指導医の先生方はすぐに相談に乗って下さいますし、大学にいる先生方もメールや電話で適切なアドバイスを頂けるため一人で悩み、抱え込むことはありません。症例に対して自分で考え、その上で上級医に相談し方針を決定していくということを繰り返し、日々診療を行っていくことで、小児科医としてのスキルが身についていくのだと感じています。そのような研修を北大小児科ではできると思います。今これを読んでくれている学生・研修医の方々と一緒に働ける日を心から楽しみにしております。

藤重 秀太先生2016年(平成28年)卒業

小児科4年目の藤重秀太です。私は未来ある子どもたちに関わり、成長を支える仕事をしたい、と考え小児科医になりました。小児科は風邪や便秘、胃腸炎などの一般的な疾患はもちろんのこと、新生児特有の疾患、成人だと各科に分かれる炎症性腸疾患、膠原病、血液・腫瘍、腎障害、内分泌疾患など、幅広い分野の疾患を診る必要があります。そこが大変な点であり、やりがいのある点だと思っています。勉強しなければならないことももちろん多いですが、ぐったりと元気のなかった子が元気になり、笑顔を見せてくれたときや、自分が診察した子と久しぶりに再会して大きくなっているのを見たときにはやはり喜びを感じます。みなさんと一緒に子どもたちの健康な成長を見守り、支える仕事ができることを楽しみにしています。