トピックス

北海道大学小児科 後期研修プログラムについて

当科では従来の研修プログラムに加えて、新たに後期研修プログラムを作成しました。

従来の研修プログラムでは、
4年間程の北大小児科関連病院での後期研修→ 小児科専門医取得
→ サブスペシャリティ研修→ 学位、分野別専門医取得
へと進むのに対し、

後期研修プログラムでは、
4年間の北大小児科関連病院での後期研修→ 小児科専門医取得
で終了するところです。

プログラム終了後にもとの施設や地元に戻る予定の方や、プログラム終了後の進路を決めていない方なども気軽に参加できるプログラムです。
このプログラムに参加した場合でも、従来のプログラムに途中から変更することは可能です。
6人以上の専門医を有する施設での半年以上の研修が現行の専門医取得に必要ですが、いずれのプログラムにおいてもこれを満たす大学やいくつかの関連病院での研修が含まれています。
2017年度から導入予定の新しい専門医制度にも対応出来るよう準備を進めており、特に新制度での重要課題である、”地域総合小児医療の研修” の用件も十分に満たす研修が可能です。

すでに来年度のプログラムへの参加を決めて頂いた先生や、検討して頂いている先生もいらっしゃいます。
来年度のプログラム参加者もまだまだ受け付けていますし、年度の途中から参加することも可能です。

興味のある方は是非、
北大小児科医局長
井口晶裕(いぐち あきひろ)
E-mail: igurin66@med.hokudai.ac.jpまで御連絡下さい。
よろしくお願い致します。

2015年4月1日
北海道大学小児科医局長
井口晶裕(いぐち あきひろ)