トピックス

真部教授が共著者となっている論文がBloodに掲載されました

真部先生が共著者となっている論文がBloodに掲載されました。

Remission, treatment failure, and relapse in pediatric ALL: An international consensus of the Ponte-di-Legno Consortium

Swantje Buchmann, Martin Schrappe, Andre Baruchel, Andrea Biondi, Michael J Borowitz, Myriam Campbell, Gunnar Cario, Giovanni Cazzaniga, Gabrielle Escherich, Christine J Harrison, Mats Heyman, Stephen P Hunger, Csongor Kiss, Hsi-Che Liu, Franco Locatelli, Mignon L Loh, Atsushi Manabe, Georg Mann, Rob Pieters, Ching-Hon Pui, Susana Rives, Kjeld Schmiegelow, Lewis B Silverman, Jan Stary, Ajay Vora, Patrick A Brown

Blood 2021 Jun 30;blood.2021012328.

小児ALLの寛解、再発の定義に関する国際的なコンセンサスを得ようという試みです。

詳細については以下のリンクから御確認いただけます。

doi: 10.1182/blood.2021012328.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34192312/